So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

堕天使 [届想 ~とどきそう~]

IMGP3034(縮小).jpg


神に背き
天より堕ちし
使者

自らの
心と体を
闇に染めつ


堕天使は
白き羽を身に纏い

毛むくじゃらの狼は
柔らかで温かい
羊の皮を被り

己の姿を欺き
獲物を捕らえ
喰らい尽くす

だがしかし
その心も腹も
満たされぬ

彼らは憂う

堕天使は
白き姿に想い焦がれ

狼は
羊と戯れたいがため

欲望は願望よりも
強し

それゆえに
闇の世界に身を潜め
己の欲に身悶えて
血の涙を流しつ




2009.7.20 15:02/PENTAX *ist DL2/DA 18-55mm
28mm/1/50sec/F4.0/WB 太陽光/ISO 800/+-0/ストロボ OFF




お宝な詩を発見です(笑)

実は10年ほど前から、闇の場所(早い話裏ブログ(笑))も運営していて、
今やもぅ自分以外には、誰も見ることのできない場所なのですが、
ふと思い出して探ったら、このような詩が発掘されました(笑)

しかもイラスト付き(笑)

イラストこそは描いた記憶はありますが、
(そのイラストの記憶を元に記事を遡りました(笑))
タナボタ的にこんな詩までくっついて出てきました(笑)

その記事の日付は、なんと約9年前の2007年1月31日!!

本人のくせに詩については、本当に全然記憶にありません(爆)

そんな私なので、これからも発掘された詩や写真がいっぱい出てくると思います(笑)
(さすがにイラストは恥ずかしいので、記憶から良さげな写真も探し出したら、
 その日付も2009年7月とか(笑))

詩が書ける心情。

そういう時期もあるのです。
ただここ数年は、そういう心境になることは少なかったです。

でもこれからは心情に関係なく、詩を書いていきたいな…
なんて思っています。

まずは昔の詩を遡ることで、少し感性を慣らしてみましょうか…(笑)

もしかしたらこの場所で、以前にも出したことのある、
懐かしい詩や写真も含まれてくるかと思いますが、
今後もお付き合いいただけましたら、嬉しく思います。


nice!(0) 

永遠 [届想 ~とどきそう~]

5574077.jpg

この世に永遠と呼べるものなど
何もない

いつかは尽き果てる
想いも命も

離れ離れになる
その時も知っている

でも今は
今だから
輝かせたい

貴方への
溢れんばかりの愛を



PENTAX *ist DL2/DA 18-55mm/2006.11.24 13:22
55mm/1/640sec/F11/WB 太陽光/ISO 200/+0.3/AF.C





驚愕の10年前の写真!!(笑)

以前は別の詩をつけていたと思われますが、
そちらはもう終わった想いなので、
言葉のみ、リニューアル(笑)

というか、言葉は降りてきたのですが、
写真がなかったから、過去写真を漁ったら、
ちょうど良いのが出てきました(笑)

このブログにも、たぶん何百という単位での下書き保存の記事があります。
それらの記事は、この先もう出すことありません。

ただ埋もれてしまった写真たちは、
もったいないので使い回します(笑)

これも、このブログの画像管理の10年前のを、
遡っての再利用です(笑)

よくぞ探し出した、私(笑)


若干不惑の年を数年経ただけですが(笑)、
もう色々な終わりを悟ってしまった自分。

だからこそ生きている今この瞬間を、
大切にしたいですね…
nice!(0) 

Drawer 〜引き出し〜 [Innocent]

image.jpeg

「キミが好きだった」

そう口にした時
それはもう
終わった想いだと知った

恋の真っ只中では
伝えられなかった想い

あの頃は
熱すぎて
重すぎたから

きっとぶつけてしまったら
キミのココロも
ボクのココロも

そしてボクらを取り巻く
すべてのものをも

粉々に打ち壊してしまっただろう

すべてが灰となり
風に煽れ
天空に消えてゆく

わかっていたからこそ
言葉を形にできずにいた

「キミが好きだった」

今この瞬間ではない

それは
過去の引き出しからの




前々回の記事はAndroidスマホからの写真で、
それ以外はほとんどデジタル一眼レフからの写真でしたが、
(たぶん一記事だけ、コンパクトデジカメの写真もあります)
今回は初めて、iPhoneカメラからの写真です。
(この日は前の記事とこの記事の連投です)

今年の春にiPhoneになりました。
iPhoneカメラは画質がイィです(笑)

そしてアプリで加工もしやすいので、
この写真も、元々の写真の機能からインスタントへ編集し、
さらに写真アプリで少し古びた感を出すために、
いくつものレイヤーを重ねています。

まぁ花は、紫陽花をドライにしたものだし、
(我が家の庭で今年剪定したもの)
鍵のオブジェもアンティーク色なので、
雰囲気が定まっていたから、加工はしやすかったです。

もちろんデジタル一眼レフも健在ですが、
手軽さ的にiPhoneの写真からの投稿も、
今後は増えるかもしれません。

ただ更新ペースは、相変わらず気まぐれですが(笑)





nice!(0) 

儚夢 [届想 ~とどきそう~]

image.jpeg



放課後の時間
他愛のないおしゃべり

「じゃあね」

笑顔で手を振り
家路に就く

振り向かない
振り向かないよ

だって涙が溢れるから


「大好きだよ」

笑いながら伝える

本気にされたら
きっと明日はない


貴方が肩を落とす時
貴方が伏し目がちな時

そっと手を握りたい

でも触れることさえ
赦されぬ

貴方が離れてしまうのが
怖くて


心だけでも
包み込ませて

貴方がそっと息をつける
そんな存在でいたいから


ふと思い出し
振り向けば
私がいる

貴方にとって
それだけでいい

それでもずっと
私はこの場所から

貴方を見つめてる
貴方を愛してる


image.jpeg






こちらもiPhoneカメラ写真です。
カメラに接写レンズ(100均の(笑))を装着しています。

接写し過ぎないと、全然ピントが合わないレンズですが、
周りはよくボケるし、なかなか面白いレンズです。

でもiPhoneカメラにレンズを着けるくらいなら、
やっぱりデジタル一眼レフのマクロレンズで撮った方が、
当たり前ですが、断然画質が良いですけどね(笑)


nice!(0) 

Sound of the sea 〜海の音〜 [Innocent]

NCM_8171.jpg 


今だからわかること

どうして今ごろわかったの?
本当の気持ち

もっと早く言ってくれたら

違う
ボクが見ないフリをしてただけなんだ

キミのまっすぐな想い
受け止めるのが怖かった
自分に自信が持てなくて

期待させて
はぐらかして
振り回して

ホントにボクは最低さ

中途半端な想いは
君を傷つけるだけ

それならばそっと離れてしまえばいい
たとえ憎まれようとも

ただ今は
ボクの方が離れられなくなってるよ

復讐
そうかもね

そんなことするキミじゃないけれど

「いつ会える?」
と聞かれたら
「忙しい」
って答えたくなる

「合う時があったらいいね」
と言われたら
会える時を探したくなる

ボクはそんな人間さ

キミが押せば引いてしまう
キミが引けば押したくなる

海の波のようだね
ボクたちは

交わりあう日が来るのかな

指を絡ませても
どこか遠くを見ていた

自分のことじゃない

そんな他人事みたいな視線で…




家族旅行と言えば、いつも同じ海に行くのですが、
このごろは荷物になるのでデジタル一眼レフを持って行っていません。

最初の2~3回くらいで、海を撮り尽くしてしまった感じですし(笑)

そのためこの写真は、1ヶ月半ほど前に行ったときのスマホ画像。

しかも当時のスマホはSD保存なのですが、
重くなってくると本体が動かなくなってくるので、
一番サイズを落としての保存ばかりでした。

(今はiPhoneに変えました)

なので画質はちょっと残念で、至ってノーマルな写真ですが…(笑)

言葉は降ってきたら書きます。

感情や想い、いわゆるココロというものと、言葉は影響し合うので、
もちろん感ずるものがなければ、言葉は降ってきませんが、
だからといって心配されるような環境や心情ではございません。

詩(うた)が舞い降りるココロは、
実生活とは別ものであるとご認識いただけましたら、
幸いです。
 


nice!(1) 

欲望 [届想 ~とどきそう~]

IMGP6935(縮小).jpg


本当は
あれもこれもと
もっと欲張りになってしまいたい

だけど
貴方へ望んでしまったら
今手の中にあるものさへ
すべて失ってしまう

貴方を見つめ
貴方を想ふ

ただそれだけで
私は歩いてく
私は咲いてゆく


IMGP6973(縮小).jpg




最初の写真

PENTAX K20D/FA MACRO 100mm F2.8/クロススクリーン(×4)フィルター 装着
100mm/1/15sec/F2.8/絞り優先/WB 白色蛍光灯/ISO 800/-0.3/AF.S/ストロボ OFF


2枚目の写真

PENTAX K20D/FA MACRO 100mm F2.8/スノークロス(×6)フィルター 装着
100mm/1/10sec/F2.8/絞り優先/WB 白色蛍光灯/ISO 800/+-0.0/AF.C/ストロボ OFF




またまたお久しぶりです。
言葉だけが先にできました。
で、全然写真を撮っていないことに気付き、慌てて家にあった紅い薔薇を撮りました。

曇りの日の室内撮影
しかも激重の単焦点100mmマクロレンズ。

絞り優先モードにしても、ISO感度を上げても、到底シャッター速度は稼げないので、
三脚を…出すのが面倒臭く(爆)、
古傷が痛む左腕一本でカメラを構え、AF(オートフォーカス)もコンティニュアンス(動体でもピントが合う)にし、
右手はレリーズ操作。
レリーズ出すなら、三脚も使え。というツッコミは、無しでお願いします(爆)

それでも何十枚もボツ作品を出していますし、載せた写真だってピントが激甘。
雰囲気で感じてください(笑)


nice!(1) 

Bud ~蕾~ [Innocent]

IMGP6849(縮小).jpg


もしかしたら
咲いてる本人は
気づいていないのかもしれないね

自分の中にある
目を閉じたままの蕾

キミを
外側から見ているボクだから
蕾を見つけられたよ

でもね
無理やりなんて
開かせない

キミが
キミ自身が
己の中に在る
眠れるものに気づくまで

ボクは
光と水を注ぎこもう

華は
自分でしか開けない

キミの美しい蕾

咲き誇れるその日が
またひとつ
前に進める時だから





PENTAX K20D/FA MACRO100mm・/2015.9.16 10:39
100mm/1/200sec/F4.0/WB 太陽光/ISO 100/+1.0/マニュアルモード/ストロボ off
マルミ ソフトファンタジー装着



 


自分のことは、
自分が一番良く知らないのかもしれません。

第三者だから、見えるもの。
見えるから、歯がゆくなってしまうもの。

だけど自分の中にあるものに気づくのは、
気づいたあとに羽ばたけるかは、
自分次第。

私も自分の中の蕾、
もっと見つけたいな…





以前は苦手だった曼珠沙華。

お墓の傍に、蕊を広げて咲く、そのおどろおどろしい赤い花は、
まるで血を飛び散らせているかのようで。

でも曼珠沙華が群生している名所へ行った時、
“恐ろしさ”から“美しさ”へと、見る目が変わりました。

一面の赤い絨毯、
そして珍しい白花曼珠沙華や黄色味がかかった曼珠沙華など。

その独特の色彩や姿かたち、そして生体など、
ちょっと他の花とは異色の曼珠沙華。

すっかり魅了されてしまいました。

そして美しく湾曲し、切なげに伸ばす蕊を見ると、
言葉が舞い降りてくることも多くあります。

曼珠沙華

その魔力にかかってしまったのかもしれません…(笑)





日常ブログの方でも、他の曼珠沙華写真、あります。

「毎日はっぴぃ気分☆」の9月16日の記事「今年のお庭曼珠沙華」
nice!(4) 

Empty ~空っぽ~ [Innocent]

IMGP6173(縮小).jpg



キミのいない空間で
キミを想ふ

なにびとも
掴めぬ雲のように

ボクのココロも
遥か彼方

触れられぬよう
消してゆく

そしてボクは

キミのいない空間で
キミを想ふ





PENTAX K20D/DA 18-55mm/2014.3.31 5:34
18mm/1/50sec/F3.5/HW 太陽光/+0.7/ISO 100/AF.C/ストロボ OFF






久しぶりに写真よりも、コトバの方が先に生まれました。

今の環境になってから、地面が低く空が遠いので、ほとんど空の写真を撮っておらず、
その他の写真もあまり撮っていなかったので、写真を付けることを迷いましたが、
今年だけでなく去年や一昨年のフォルダから探しだしました。

詩の深読みは…しないでください(笑)

何も無ければ書けない。
でも書いていることが、すべてではない。

作家とは、そんなものです。
nice!(5) 

雪心 [届想 ~とどきそう~]

IMGP6417.jpg

悲しみ
苦しみ
憎しみ
不安
恐れ


マイナス要素が積み重なり
冷たく凍った私のココロ

温かさに触れるのが
怖いの

また疵を
増やしてしまいそうで

年月を重ねても
見た目は少し熟しても

私の奥深い場所にある小部屋には
ぽつりとひとり
寒さと恐怖に震える子ども

それは
いくつもの痛みから逃げ込んだ
私の姿

貴方は
固く冷たく囲まれたその部屋の
鍵を開けてくれますか?

貴方は
幾時に渡って凍らせてきた
私のココロ

溶かしてくれますか…?






PENTAX K20D/FA J 75-300mm/220mm/1/50sec/F5.6/WB オート/ISO 400/+2.0/ストロボ OFF
マルミ ソフトファンタジー/ケンコー クロススクリーン×4 装着
(最初はストロボ発光だったのでクロススクリーンを装着していましたが、ストロボOFFにしてから外し忘れました(笑))

先程自宅前にて。
水仙が凍えております。

なるべく濡れないようにと、玄関の屋根の内側で撮影したので、
どの写真もイマイチな出来でした(苦笑)

それでもやっぱり少し濡れてしまったカメラ
現在乾かし中です。

それにしてもソネット、使いにくくなりましたね。
そのままコピペできなくなりました。

スマホのメール画面で書いて、スマホのブラウザからログインして貼ろうとしたのですができず、
PCからでも、HTMLで貼りつけないと、貼れませんでした。

ココの場所は、もはや当初のコンセプトから大幅に変わっていますし、
今はほぼ交流がないので、移転してもよいのですが、
引っ越しが面倒(苦笑)

他のブログやHPのリンクも直さねばならないし。
なのでもう少し、ソネットと上手に付き合ってみようかとも思います。
決してソネットのサービスに、満足しているワケではないけど(笑)

本日は関東の平野部でも積雪です。
皆様、どうぞお足元にお気をつけてお過ごしください。
nice!(11) 

溺心 [届想 ~とどきそう~]

 IMGP6415.jpg

滴り落ちる
澄んだ雫は
甘露か毒か

溺れてく
溺れてく

たったひとしずくに

手を伸ばし
指先で
僅かでも触れたら
壊れてしまいそう

私の中に堰き止めていた
感情

溺れてく
溺れてく

胸を焦がす焔
辿り着く先は
黒く燻る屍の
残像


nice!(3) 
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。